不動産トピックス

今週の一冊

2021.03.22 14:24

ビジネスチャンスのSDGs

図解即戦力 SDGsの考え方と取り組みがこれ1冊でしっかりわかる教科書
著者:バウンド
発行日:2020年11月7日
発行所:技術評論社
価格:1680円(税別)

 メディアのみならず企業HP上でも目にする機会が増えた「SDGs」。今後10年の間に「SDGs本」は雨後のタケノコのように出版されるだろう。世界規模で取り組まなければならない課題を整理し、17の目標が国連決議で採択されたはいいが、2021年現在は「SDGs」という記号が我々の視界に散らばり始めた段階だろうか。
 本書は、本文中の強調箇所には太字や黄色マーカー、図表も見やすい3色にまとめられ、きちんと整理された「教科書」の形式で「このままでは地球はもたなくなっていく」危機的状況を分かりやすく解説。そしてSDGs書籍の特徴であるが、根拠となるデータが豊富に示されている。本書も公的機関の各種数値資料から、蝗害(バッタ類の被害)写真やグレタ・ツゥンベリさんの活動まで幅広い。
 また、きれいごとだけでなく、SDGsには「多くのビジネスチャンスが眠っている」、「積極的に関与した方が企業の未来にとっても有益」と損得まで説くが最後まで読み進めて欲しい。第5章「SDGsとESG投資の関係を理解する」では「PRI(責任投資原則)」の背景に踏み込み、ESG投資とインパクト投資、SRI(社会的責任投資)まで言及する。とにかく盛沢山の一冊。


全て見る


PAGE TOPへ