不動産トピックス

第21回不動産ソリューションフェア見どころ・【ブース出展】住友商事グループ

2019.09.17 18:02

新しいオフィスビルサービスを提案~PBM+I(インテリア)~
 住友商事グループの住商ビルマネージメント(東京都千代田区)が不動産ソリューションフェアにブース出展する。例年同様、住友商事、住商インテリアインターナショナルとの共同出展を行う。
 グループ全体の目玉となるのは住友商事グループの神田エリアの再開発事業となりそうだ。来年竣工予定の「(仮称)神田錦町二丁目計画」を中心として、神田のプロジェクトなどをパネル中心で紹介していくことになりそうだ。
 住商ビルマネージメントとしては屋上芋緑化や物流施設などの事例紹介もあるなかで、今回初の展示紹介となるのが駐車場事業の「サミットパーキング」だ。同社が堅調に展開を進めており、オーナーや地主は見逃せない。
 例年同様、ブース内にグループ会社の住商インテリアインターナショナルも共同で出展するという。どのような展示を行うのだろうか。
 「今回、住商インテリアインターナショナルも共同で出展してカーペット商材、家具や什器の紹介を行います。昨今『働き方改革』の需要が増すなかで、それに資する商材ではないかと考えています。加えて、当社には内装施工を行える部署もあります。このような課題に対して、ソリューションをパッケージで提供できるのも、当社グループの強みであり、展示会でお伝えできればと考えています」(ビルサービス事業部 課長補佐 米澤雄大氏)
 グループ力を生かしたソリューションに、オーナーをはじめとした来場者は注目したい。


全て見る


PAGE TOPへ