週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

「リラークたまプラーザ」28日OPEN 東急の個人向けワークラウンジ直営1号店

2021.04.19 17:40

 東急(東京都渋谷区)は、個人利用者向けのワークラウンジ「relark(リラーク)」の直営第1号店、「relarkたまプラーザ」を28日に開業する。
 「リラーク」は今年2月に東急が設立した新業態のサテライトシェアオフィス事業。テレワークが推進されるなか、家庭の事情や住まいの間取り、Wi-fi環境などの設備面の課題から自宅でのゆとりあるテレワーク環境の整備が難しい個人利用者がターゲットで、これまで運営していた法人企業向け会員制サテライトシェアオフィス事業「NewWork(ニューワーク)」ではカバーできていなかった層の取り込みを図る。有人型店舗運営によりサービスも充実させ、同社では「リラックスワークラウンジ」と銘打つ。
 直営第1号店の「relarkたまプラーザ」が立地するのは横浜市青葉区、東急田園都市線「たまプラーザ駅」直結の複合施設「たまプラーザ テラス ゲートプラザ」3階。シェアオフィスでは初のローステッドコーヒーが無料で楽しめるなど付加価値を高めたサービスにより、快適性や「プチ贅沢」を体感できるリラックス空間を実現。複合機や個室ブースといった実務機能と共存させることで、効率的にテレワークを行える環境を整えた。 無料ドリンクはローステッドコーヒーのほか、9種類のソフトドリンクサーバー、ノンアルコールビール、ノンアルコールサワー、ナッツやスナック菓子類も提供。また、マッサージチェアを設置し、有隣堂(横浜市中区)が選書した月刊誌や書籍も用意する。
 晴天時には、外のテラス席も休憩場所・ワークスペースとして利用可能。また、東急線定期券保有者や東急ロイヤルクラブ会員、ツタヤカードの所有者は1日利用プランを定価から1000円割引するなどの特典もある。
 東急は今後も、With・Afterコロナを見据えた新しい働き方のニーズに適応したシェアオフィスを展開していくとしている。


全て見る


PAGE TOPへ