週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

UDS 新しい暮らし方をサポートする複合施設「Tote駒沢公園」オープン

2019.11.25 11:12

シェアオフィスや店舗、賃貸住宅などを集積
 UDS(東京都渋谷区)が企画、建築設計・監理、建物管理を手がけた複合施設「Tote(トート)駒沢公園」が11月22日に開業した。
 都立駒沢公園の隣、「東京都世田谷区駒沢公園1番1号」という、駒沢公園以外で唯一住所に「駒沢公園」という表記を有するという同施設は、「駒沢公園地域をより盛り上げたい」という土地所有者の想いを受けた新築プロジェクト。「ON THE PARK」をデザインコンセプトに建物を公園の一部として捉え、公園の緑との連続性や調和を意識して計画された。公園南側という立地を生かし、公園側の窓を大きくとるなど、居心地の良い居場所を目指したという。UDSは、建物内に設置するシェアオフィス&スタジオの運営も手がける。
 1階には2020年に20周年を迎える、駒沢公園通り沿いの人気パティスリーが移転・リニューアルオープンした。洗練されたオリジナルのフランス菓子が楽しめる。
 2階には、待機児童の多い地域ニーズに応え、「ラフ・クルー駒沢公園ナーサリー」が2020年4月に開業予定。東京・神奈川で保育園や家庭的保育事業、企業主導型保育事業を手がけるコミニティハウス(東京都渋谷区)が運営を担当する。2階には119㎡のテナント区画もあり、現在入居を受付中だ。
 3階には、個人や小規模事業主向けのシェアオフィス&スタジオ「Tote work&studio(トート ワーク アンド スタジオ)」がオープン。子どもをすぐに迎えにいける距離感で、適度なプライバシーと適度なコミュニティを両立。自分らしく働きたい近隣居住者のニーズに応える。シェアオフィスには、個室のRoomエリア、固定席のDeskエリア、フリーデスクのLoungeエリアと会議室、電話ブースを設置。約36㎡のスタジオはキッチンや壁面ミラーを備え、教室やレッスンなどを気軽に開催可能だ。4~5階は賃貸住宅となり、4階に1LDKと3LDK、5階に3LDKの合計3室を配置。SOHOとしての利用も可能な間取りを実現した。
 土地所有者の考えや地域のニーズ、そして希少な立地条件を融合させた複合施設。駒沢エリアで存在感を増す存在となりそうだ。


全て見る


PAGE TOPへ