週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

森ビル 「(仮称)新橋四丁目計画」上棟 名称は「新虎通りCORE」に

2017.12.18 17:36

オフィステナントも決定
 森ビル(東京都港区)と大成新星和不動産(東京都千代田区)が推進している「(仮称)新橋四丁目計画」が12月9日に上棟し、施設名称が「新虎通りCORE(コア)」に決定した。
 また4階から14階のオフィスフロアにはクリエーターエージェント事業などをおこなうクリーク・アンド・リバー(東京都千代田区)とその関連企業の入居も決定した。
 建物は敷地面積1524㎡、延床面積1万7434㎡、地下1階地上14階の鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート)。1階と2階には商業施設とイベントスペースを設け、3階には300㎡超のインキュベーションオフィスを整備。4階から14階をオフィスとし、屋上庭園も設ける。竣工は平成30年9月を予定している。


全て見る


PAGE TOPへ