週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

NREG東芝不動産 銀座5丁目での建替え工事に着手

2017.11.20 17:43

 野村不動産グループのNREG東芝不動産(東京都港区)は、保有資産の有効活用策として同社が中央区銀座に所有する「銀座第二東芝ビル」を解体し、「(仮称)銀座六丁目計画」新築工事に着手した。
 計画は外堀通りの銀座西五丁目交差点の角地に位置し、視認性の高いロケーションが特徴。同社は今後、商業を主用途としたビルとして開発を行う予定である。計画建物は地上11階地下3階建て、延床面積2781・72㎡、敷地面積276・64㎡。「伝統と革新」を外装コンセプトとし、古来より親しまれてきた市松模様をデザインモチーフとして採用。角地の特性を生かし、外壁を局面で連続させ大きな一つの面としてデザインすることで、通りからの存在感を最大化する計画となっている。
 また、台東区東上野において建設中の「(仮称)NREG上野ビル」については、グループ会社の野村不動産ホテルズ(東京都新宿区)の第1号物件として開業する予定である。


全て見る


PAGE TOPへ