週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

日本リージャス 日本初の空港内にビジネスラウンジ・レンタルオフィスをオープン

2015.11.23 14:36

 世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループの日本法人、日本リージャス(東京都新宿区)は平成28年春に世界各国と関西エリアを結ぶ「関空の空の玄関口」である関西国際空港内に「リージャスエクスプレス関西国際空港」を開設する。
 空港内にビジネスラウンジ・レンタルオフィスを開設するのは、海外ではイギリスやアメリカなどで事例はあるが、日本では初の試み。「リージャスエクスプレス関西国際空港」は、リージャスが提供する施設としては大阪エリアでは7拠点目、関西エリアでは11拠点目となる。関西国際空港は、年間2000万人以上が利用する「関西の空の玄関口」で、ビジネスにおいても世界各国と関西エリアを結ぶ重要なアクセスポイント。ここ数年はLCCの好調などを背景に、国内線・国際線を合わせた航空旅客数は右肩上がりで推移しており、さらにはロサンゼルス便やバンクーバー便など北米への長距離路線が復活するなど、今後もビジネスマンの利用が増えていくことが期待される。
 総面積は約250㎡、部屋数は27室で、ワークステーション(席)は42席。会議室数は3室。高速インターネットやビジネスラウンジなども完備している。


全て見る


PAGE TOPへ