週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

日本リージャス 来年5月、博多にビジネスセンターを開設

2015.10.19 12:34

 日本リージャス(東京都新宿区)は来年5月、福岡県福岡市の「博多」駅前に来年4月末竣工予定の「JRJP博多ビル」にビジネスセンター「リージャスJRJP博多ビルビジネスセンター」を開設することを発表。同施設はリージャスが提供するビジネスセンターとしては福岡市内では5拠点目、九州、沖縄エリアでは8拠点目となる。
 福岡市は昨年5月に国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に指定され、積極的に創業の支援と雇用の創出に取り組んでいる。また、天神地区ではビル建替えを促し創業支援や本社機能誘致などを行う「天神ビッグバン」プロジェクトも推進するなど、福岡市は現在起業家が集まる街として国内外から注目されている。そのような福岡の玄関口である「博多」駅前に来年完成予定の「JRJP博多ビル」には九州最大級のオフィスビルとして数多くの有名企業が入居する予定である。
 今回開設する「リージャスJRJP博多ビルビジネスセンター」は総面積903㎡、オフィス部屋数70室、ワークステーション席数157席、貸会議室2室。「博多」駅に直結し、福岡空港からも車で10分程度の場所に立地し、国内外からの交通の利便性が高いロケーションとなっている。レンタルオフィスは24時間いつでも利用可能で、ビジネスラウンジやレンタル会議室などの施設は8時半から18時まで利用可能。企業規模や利用状況に合わせたオフィス環境を利用できる。
 日本リージャスとオープンオフィスの代表取締役である西岡真吾氏は「福岡市は、IT企業をはじめとして世界中から注目される企業がオフィスを構え、最近では起業家が集まるビジネスの拠点となっています。今後も、福岡市が進める起業家支援のプロジェクトによってさらなる成長が期待される都市です。『リージャスJRJP博多ビルビジネスセンター』の開設によって、ベンチャー企業をはじめ、外資系企業、国内企業の支店、地元企業など幅広い企業へ最適なビジネス環境が提供できると考えています」と述べている。


全て見る


PAGE TOPへ