週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

オリックス不動産 シリーズ初の1名用個別ブース設置を計画

2014.05.05 17:58

 オリックス不動産(東京都港区)は、4月25日にサービスオフィス事業を展開するブランド「クロスオフィス」において「クロスオフィス三田」を竣工した。
 昨今、多様化する働き方や企業におけるコストの合理化を目的とした動きに伴い、利便性の高い立地、かつ高機能で多彩なインフラを備えたサービスオフィスへの需要が高まるなか、同社では、受付や会議室等の必要なサービスをシンプルに提供し、災害に強いサービスオフィスを開設している。
 同社運営のサービスオフィスとして4棟目となる同物件の規模は、全77室、地上9階地下1階、延床面積4240・97㎡、敷地面積553・67㎡。特徴として、多様化したワークスタイルに対応するため、シリーズ初の1名用個別ブース、3階部分に入居企業のイベント等に利用できるユーティリティスペースを計画しており、いずれも7月にオープン予定だ。
 また、9月30日までの契約者を対象に、竣工記念キャンペーンとして保証金が全額免除となる「保証金ゼロ保証委託料ゼロキャンペーン」を開始。企業が成長していくうえで必要となる移転コストを最小限に抑えることができる環境を整える。さらに、オリックスグループ創立50周年を記念し、9月30日までに同物件に契約すると1年目の賃料50%割引を実施する。同社は「今後も『クロスオフィス』のブランドコンセプトの浸透を図るとともに様々なオフィスニーズに応え、利用者の新たなビジネスチャンスや価値創造につながるオフィスの提供を行う」としている。


全て見る


PAGE TOPへ