不動産トピックス

第21回不動産ソリューションフェア見どころ・【セミナー】SDGsの取り組みで資産価値向上に繋げる

2019.08.13 18:11

「東京都の省エネ支援策を活用してSDGsの取り組みに」
講師 東京都地球温暖化防止活動推進センター 省エネ推進チーム 村瀬光一氏

 ビルオーナー、不動産オーナーであれば所有する不動産の省エネ性能は高めたいところ。その省エネ性能向上に繋がるセミナーが20日、15時20分から行われる。東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)省エネ推進チームの小永井耕一氏が登壇するセミナー「東京都の省エネ診断を活用して建物の省エネ性能を高評価に」だ。
 そもそも地球温暖化の進行により、世界の平均気温はIPCCの報告書によると、21世紀末には最大4・8℃も上昇すると予測されている。特に温暖化に伴う異常気象の頻発や温度上昇によるエネルギー使用量・光熱水費の増大は、死活問題。今後は益々夏場のエネルギー使用量が増加し、ビルオーナーの経営面を圧迫することが想定される。今回はその対応策及び事前の取り組みとして注目される、クール・ネット東京が行う無料での省エネルギー診断を中心にセミナーを行う。経験豊富な診断員(エネルギー管理士)が、事業所に訪問し設備やエネルギー使用状況を診断。各事業所に適した省エネ対策を提案する「省エネルギー診断」を聴講しに来たビルオーナーなどに知ってもらい、実際の依頼に繋げたい思いがある。
 ちなみにこれまでの診断実績は約3900件。受診した事業者の内、約80%が効果を実感した。電気においては平均16・2%、ガスは平均24・4%、水道は平均16%削減に成功している。セミナーではこれまでのエネルギー使用量の削減事例の紹介や東京都の助成金などの支援策も紹介予定である。セミナーは9月20日、15時20分~16時10分、E会場にて。ビルの省エネ化に取り組みたいオーナー必見のセミナーである。


全て見る


PAGE TOPへ