不動産トピックス

第20回不動産ソリューションフェア見どころ紹介「VR内覧による新しいオフィスの選び方~バーチャルモデルルーム Solid Vision~」

2018.10.15 13:21

講師:ヒストリア 代表取締役 佐々木瞬氏
10月16日 13時~13時50分 E会場
10月17日 14時10分~15時 E会場

 バーチャルモデルルーム「Solid Vision」を提供するヒストリア(東京都品川区)がブース出展およびセミナー講演を行う。
 同社は2013年設立のゲームデベロッパー。その開発技術を生かし、「Solid Vision」を展開する。導入実績にはハウスメーカーなどがあり、最近もマンションデベロッパーなどから引き合いがある。
 代表取締役の佐々木瞬氏は今回の出展で「Solid Vision」を「オフィスビルオーナー、デベロッパーの方々にも、成約率をあげるツールとして提案していきたい」と話す。背景にはオフィス移転時の不便が挙げられる。
 「移転する際、いくつか物件を内覧しますが、当然ながらスケルトン状態です。設計会社からレイアウトデザインを頂きますが、図面ではわかりにくく想像しづらい。『Solid Vision』では実際にオフィスにオフィスレイアウトや家具の配置などを、実際にバーチャル上で見て回りながら検討することができます」(佐々木氏)
 実際、同社も現在のオフィスに移転した際に利用。「見たところ会議室が少し狭くレイアウトされていたので間仕切りの位置をずらすなどして改善しました」(佐々木氏)という。昨今、各企業で働きやすい環境づくりが目指されているが、裏返せばこのようなニーズに応えられるビルには潜在的に多くの企業が魅力的に感じるだろう。
 10月16日(火)13時00分~13時50分、10月17日(水)14時10分~15時00分、両日ともにE会場にて「VR内覧による新しいオフィスの選び方~バーチャルモデルルーム Solid Vision~」と題して佐々木氏がセミナーを行う。より詳しい活用事例を聞くことができる。またブース内では「Solid Vision」を見て、聞いて、体感できる。
 新しい不動産内覧のあり方を見逃すことはできない。


全て見る


PAGE TOPへ