不動産トピックス

今週の一冊

2013.06.03 17:51

今年度税制改正の話題も盛り込んだ改訂版

2013年改訂版 家主さん、地主さん、もっと勉強して下さい!-デフレ時代を生き抜くために
著者 鹿谷哲也
出版 新評論
発行 平成25年5月25日
価格 2300円(税抜)

 直近では日経平均株価が乱高下を繰り返し、回復への見通しがつきにくい状況にある一方で、日本経済は長く続いていたデフレから脱却に向けて一歩ずつ進み始めている。不動産業界を見てみれば、バブル崩壊によって土地神話が崩れ去り、土地代や賃料が上がらない中で経営者たちは厳しい選択を余儀なくされてきたというのがこれまでの流れだ。明るい兆しが見え始めたとはいえ、実体経済は未だ長いトンネルの中にある。不動産経営を今後も継続し、次代へと受け継いでいくためには、経営者自身が知識の蓄積に努めなければならないのだ。  本書は「2003年問題」が表面化した平成15年の初版以来好評を重ね、今回の改訂版が第12刷となる。相続・承継問題に関わるコンサルティングなどを手掛ける著者の、実際の体験をもとに本書は執筆され、建物を保有する家主あるいは土地を保有する地主に対して、不況下における節税対策等に効果的な不動産賃貸業及び土地活用の手法を解説している。  著者が冒頭述べているように、本書は「具体的な計算例を挙げて説明している」こと、「良いコト、悪いコト、包み隠さず、全てオープンにしている」ことが最大の特徴だ。例えば、年を追うごとに増えてゆく不動産所得のカラクリを、モデルケースをもとに解説。所得税・法人税対策としての不動産所得の減額方法を紹介している。この他、本書では平成25年度税制改正に関する章を新たに設け、改正のポイントやケースごとの相続税額のシミュレーションなどを紹介。基本となる部分を抑えつつも最新の税制の動向を抑えた内容となっている。


全て見る


PAGE TOPへ