週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

飯野海運が英国の物件取得

2020.03.23 16:15

 飯野海運(東京都千代田区)が初めて英国・ロンドンでオフィスビルを取得し、賃貸事業に乗り出す。同社の英国子会社が13日、ロンドンのオフィスビル「BRACTON HOUSE」を取得した。
 同物件は貸床面積約2027m2、地上7階地下1階の事務所、一部店舗用途のビル。金融地区シティ及び商業地区ウエストエンドとの中間地域で、大学、裁判所、法律事務所等が数多く存在し、オフィスや店舗が集積するミッドタウンに立地し、ロンドン中心地を東西に貫く幹線道路に面している。
 物件の立地するエリアは、「チャンセリーレーン」駅から徒歩2分、「ホルボーン」駅から徒歩6分、「ファーリンドン」駅から徒歩9分と交通利便性が高く、2021年にはロンドン主要空港と市内とをつなぐ「クロスレール」が開通し「ファーリンドン」駅へ乗入れ予定のため、更なる交通利便性の向上が期待されている。
 飯野海運は海運事業では、海事集積地である英国ロンドンに1973年から駐在事務所を設置。2004年に現地法人化し、今日に至るまで同地に関する知見を蓄積してきた。
 不動産事業では、現在東京都心部をターゲットエリアとしてオフィスビル賃貸事業を展開している。今回、安定したオフィス需要及び事業環境が整い、飯野海運の長年のビル運営および管理等に関する知見を生かすことが可能な英国ロンドンでのオフィスビル賃貸事業へ新たに進出するに至った。


全て見る


PAGE TOPへ