週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

東和不動産 トヨタの社員寮をリノベーション「axle御茶ノ水」5月7日オープン トヨタとベンチャー企業の「出会い」と「交流」推進

2020.02.17 18:00

 東和不動産(名古屋市中村区)が東京都千代田区で計画推進中の「axle(アクスル)御茶ノ水」が、5月7日にオープンする。
 同施設は「御茶ノ水」駅徒歩6分、「新御茶ノ水」駅徒歩3分、「神保町」駅徒歩8分に立地するオフィスビル。次世代の新たな産業創出をコンセプトに、ベンチャー企業が飛躍するための機能的でシンプルな場としてデザインされている。
 地下1階と地上1階および3~6階はオフィスフロアで、トヨタグループを中心とした大手企業が入居する大区画から、ベンチャー企業向けの小区画まで、バリエーション豊富なオフィススペースを備える。
 2階には「プロジェクトルーム」を設ける。家具・什器やモニター、ホワイトボードなどを完備した空間で、企業のプロジェクトなどに向けた仕様。短期間から借りられる。
 地下1階はシェアオフィス。約150坪の空間を共有し、会員同士のコミュニティを形成する66席の固定席タイプとした。また地下1~2階と屋上階には、スタイルに応じて働く場を選択できる90席の自由席タイプのコワーキングスペースを備える。
 2階はセルフカフェコーナーやバーエリアを設けたラウンジ。多種多様な入居者間のコミュニティ創出の「きっかけづくりの場」として利用できる。
 さらに1階と2階には、目的に応じてレイアウトできるフレキシブルなイベントスペースを備える。一般利用可能で、1階イベントスペースは最大50名、2階イベントスペースには最大120名収容できる。
 入居者や会員はコミュニティマネージャーによる入居者同士の交流のサポートや、メンターによる起業・事業成長等のアドバイスといったベンチャー企業支援サービスを受けることが出来る。また、コンサルティングサービスの窓口から専門家に気軽に相談することもできる。コンサルティングサービスの範囲は、経営相談、戦略立案、知的財産、企業法務、資金調達、ブランディング、アライアンス、テクノロジー等と多岐に渡る。さらに、トヨタグループとの接点を持ちたい場合の窓口も用意されている。


全て見る


PAGE TOPへ