週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

4月に「中央日本土地建物」グループに

2020.01.14 12:05

 2020年の不動産市況は、引き続き働き方改革への取り組みなどによる実需、低金利環境下での相対的に高水準のイールドギャップなどを背景に堅調に推移するとみられるが、東京五輪後の反動落ち、米中貿易摩擦を背景とした輸出減速や設備投資の手控えなど懸念材料も多く、楽観はできない。
 当社は本年4月1日に中央不動産と経営統合し、「中央日本土地建物グループ」として新たにスタートする。まずは、統合効果を最大限に発揮させ、厚みを増す経営基盤をベースとした戦略的な投資を内外で推進するとともに、スタートアップ企業との連携やデジタルトランスフォーメーションなど時代の変化に応じた新分野へも積極的に取り組みたい。役職員の積極果敢な挑戦を大小問わず後押し、加速させる風土を組織に醸成し、現状に甘んじることなく、未来志向を強く持ち、新境地を切り拓く統合元年としたい。


全て見る


PAGE TOPへ