週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

世界最速のエレベーター 日立製 時速75.6kmでギネス認定

2019.10.07 14:51

 日立製作所(東京都千代田区)が、中国・広州市の超高層複合ビル「広州周大福金融中心」に納入したエレベーターが、9月10日「世界最高速エレベーター」としてギネス世界記録に認定された。
 同エレベーターは、定格速度分速1260mで走行し、地上1階から95階のホテルロビーまでの440mを約42秒で結ぶ。
 日立製作所は、2012年に日立ビルシステム(東京都千代田区)、日立電梯(中国・広州市)とともに、「広州周大福金融中心」向けのエレベーター・エスカレーター計151台を受注し、順次納入を進めてきた。
 同ビルは、中国・広州市の珠江新城CBD(中心業務地区・Central Business District)に建設された地上111階地下5階、地上530mという世界有数の高さを誇る複合ビル。オフィス、サービスアパートメント、ホテル、商業施設で構成されている。
 同ビルの93~108階に「Rosewood Guangzhou(広州ローズウッドホテル)」が開業し、地上1階と95階の同ホテルロビーとををつなぐ分速1260mのエレベーターの営業運転が開始されたことを受けて、ギネスでは「世界最高速エレベーター」として世界記録に認定した。


全て見る


PAGE TOPへ