週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

 小規模オフィスの新ブランドを設立 第1弾「H1O日本橋室町」は11月にオープン

2019.07.22 12:17

2023年度末までにPMO内など15カ所 個人事業主やスタートアップも取り込む
 野村不動産(東京都新宿区)は、従業員10名未満の小規模オフィスの新ブランド「H1O(エイチワンオー)」を設立した。その第一弾として「H1O日本橋室町」を11月にオープンする。
 今後の供給は、一棟新築開発型を主軸に、既存のビルを改装するリノベーション型、野村不動産が手掛ける大型ビルや中規模オフィスビル「PMO」へのフロア単位開設型等、多様なスタイルでの展開を予定。東京都心5区を中心に、2023年度末までに15拠点の開設を予定している。
 11月オープン予定の「H1O日本橋室町」は、2013年に竣工した「PMO日本橋室町」の3階部分に設置。1~3名用ブースを6区画、3~7名用ブース8区画、7~24名用ブースを4区画のほか、共用会議室を4室設ける。
 ブランド名称は「Human First Office」から名付けられた。野村不動産がこれまで中規模オフィスPMO事業で培ってきた「ヒューマンファースト」の考え方を、個人やスタートアップの小さな組織向けに展開していく。スモールビジネスやフリーランスを支援する、新たなサービス付き賃貸オフィス事業として今後展開していく。
 同ブランド立ち上げにあたっては、従業員10名未満の事業者のニーズを分析。ポテンシャルを最大化する設備とサービスを目指し、プライバシーが確保された執務空間や有人受付コンシェルジュが日中常駐する環境を提供。入居者限定の共有会議室やラウンジも設け、そこでの打合せ・来客対応も可能とする。
 全室個別空調、シャワールーム(一部物件)、駐輪場、宅配ボックスの設置をはじめ、週1回の朝食無料サービスや、手ぶらでスムーズに入退室できる生体認証セキュリティシステム、IoTを活用した快適性の向上などの新提案も用意しているという。

●今後の供給予定
2019年11月「H1O日本橋室町」
2020年5月「H1O日本橋小舟町」
2020年10月「H1O渋谷神南(仮称)」
2021年1月「H1O神田(仮称)」
2021年2月「H1O平河町(仮称)」
2020年6月「H1O日本橋茅場町(仮称)」


全て見る


PAGE TOPへ