週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

三菱地所が「ラグビーワールドカップ2019」キックオフイベント開催

2019.01.21 14:11

 「ラグビーワールドカップ2019」開催イヤーとなる今年。そのオフィシャルスポンサーである三菱地所(東京都千代田区)が、ラグビーの魅力に着目した「体験型イベント」を丸の内エリアで4日間開催した。
 三菱地所(東京都千代田区)は今月17日~20日までの4日間、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の魅力を発信する「丸の内15丁目プロジェクト」の特別企画「2019 KICK OFF! MARUNOUCHI RUGBY FESTIVAL」を開催した。
 三菱地所は「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルスポンサーとして、これまでラグビーの様々な魅力に着目した「体験型イベント」を丸の内エリアを中心に行ってきた。その際は、多くの人がイベント会場に集まり、ラグビーの魅力を堪能し楽しんできた。今回はこれまで同社が行ってきたラグビーのイベントを更に豪華にしたキックオフイベントである。
 「ラグビーワールドカップ2019」開催イヤーとなる今年第1弾のイベントとして開催する「2019 KICK OFF! MARUNOUCHI RUGBY FESTIVAL」は、ラグビーを愛するよしもと芸人たちが丸の内に集結し、これまでラグビーに触れたことのない人たちにもラグビーを気軽に楽しんでもらうため、面白くまじめにラグビーを語りつくすトークを行った。
 オープニングイベントでは、お笑いコンビの「中川家」が登壇。ラグビーをテーマにしたトークライブを行ったうえ、一緒にイベントを盛り上げる熊本県のご当地キャラクター・くまモンと共に、特注のラグビーベンチアートの除幕式も行った。
 お笑いコンビの「中川家」の二人は、「ラグビーの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい。知ってもらうことで『ラグビーワールドカップ2019日本大会』をもっと楽しむことが出来る」と語った。


全て見る


PAGE TOPへ