週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

コスモスイニシア レンタルオフィス「MID POINT」開設

2018.09.14 11:33

大和ハウスグループのコスモスイニシア(東京都港区)は、「職住近接を実現する住宅立地型のレンタルオフィス」の新ブランド「MID POINT(ミッドポイント)」を立ち上げた。第1弾として「MID POINT目黒不動前」を11月に開業する。 政府による働き方改革の推進やテクノロジーの進化などによってオフィスの利用形態が多様化しつつあり、フリーランスも増加傾向にある。2018年現在、フリーランサーは約1119万人にのぼるといわれ、2015年比で約22・6%も増加している。こうした背景をもとに、コスモスイニシアでは今後求められるものとして、「デバイス・ネットインフラ整備による仕事環境の自由度」「働く場所を問わないワークスタイル」「効率性重視から創造性重視による重点価値のシフト」などを挙げる。「MID POINT」は、こうしたニーズへの対応の一環として生まれた。 「MID POINT目黒不動前」が開業するのは、コスモスイニシアが保有する1棟再生賃貸ビル「リードシー目黒不動前ビル」の5~8階。建物は東急目黒線「不動前」駅徒歩5分に立地する築22年の8階建てで、コスモスイニシアが取得したもの。今後リノベーションを施したうえで、11月にオープンさせる予定。 レンタルオフィスは67区画で、1人から利用可能。リラックスや利用者同士のコミュニケーションにも利用できる共用ラウンジやテラスを設け、施設内にはコミュニティ形成を支援するコミュニティマネージャが常駐する。キッチンやバーカウンターも設け、食器と調理器具も常備している。また専用駐輪場やシェアサイクル、宅配ボックスの設置など利便性にも配慮している。 「MID POINT」は、インテリアデザインなどを手掛ける乃村工藝社(東京都港区)との共同企画。施設の企画運営や室内設計も乃村工藝社が手掛ける。 コスモスイニシアでは、今後も自社購入したビルにリノベーションを施して再生したうえで、「MID POINT」を展開していく予定という。


全て見る


PAGE TOPへ