週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

京橋エドグラン 開業1周年で来館者460万人 クリスマスイベントも実施

2017.11.27 12:04

 日本土地建物(東京都千代田区)がタウンマネジメント業務を行う「京橋エドグラン」の開業から約1年間の来館者が延べ460万人を超えた。11月21日からは開業1周年記念イベントも開催され、銀座・京橋エリア最大の高さ12mのクリスマスツリーの点灯式も行われた。
 京橋エドグランは2016年11月25日に開業した、オフィスと商業施設からなる大型複合ビル。当初の来館目標者数である月平均33万人、年間400万人に対する達成率は115%となり、日本土地建物では、魅力的な低層部店舗や緑豊かなオープンスペースを生かしたタウンマネジメントにより、積極的な賑わいづくりが奏功したととらえている。
 11月21日には、開業1周年記念イベントの一環としてクリスマスツリーやイルミネーションの点灯セレモニーが行われた。ゲストに迎えられたのは、ブリキのおもちゃ博物館館長の北原照久さんと歌手のマリーンさん。北原さんのおもちゃコレクションの一部はエドグランで常設展示されており、建物内の雰囲気づくりにも貢献している。
 また建物地下1階の大階段で定期開催されている音楽ライブ「京橋エドグランLive Crossing」も、1周年を記念した特別プログラムを実施。11月22日から25日まで4日連続で4組のアーティストがライブを開催し、イベントを盛り上げた。


全て見る


PAGE TOPへ