週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

むさしコーポレーショングループ 先月27日「KOMEHYO名古屋駅前店~メイクラッシービル~」オープン

2017.06.05 11:43

名駅南エリアの活性化に向けた起爆剤に
 むさしコーポレーショングループ(名古屋市中村区)は名古屋発祥で東証二部上場、創業70年のリユース企業であるコメ兵(名古屋市中区)が入居する「KOMEHYO名古屋駅前店~メイクラッシービル~」を先月27日にオープンした。
 大型リユースデパートである「KOMEHYO名古屋駅前店」ではカフェ「THE CUPS MEIEKI」を併設。2階建の建物にはブランド品や宝石・貴金属をはじめ雑貨類等、約1万アイテムを展開。名駅エリアで働くオフィスワーカーなどをターゲットにライフスタイル提案を意識したつくりとなっている。
 27日のオープン当日は3時間前より来店者が並び始め、11時のグランドオープン前では400名以上が集まった。テープカット式ではコメ兵の石原卓児社長をはじめ、むさし企業より横山高司会長夫妻が出席。関係者を合わせると500名以上がグランドオープンを祝すこととなった。
 むさし企業代表取締役社長・横山篤司氏は「名駅エリアは『大名古屋ビルヂング』や『名古屋JRゲートタワー』の開業に伴い、人の流れが名駅北エリアに集中し始めています。名駅南エリアでは今後の名鉄百貨店・近鉄パッセの再開発が注目されるものの、活気を呼び戻すためには苦戦が強いられるであろうと噂されています。そのような中で、集客性の高いコメ兵が地上店をオープンすることで、歩ける街としての賑わいが新たに生まれるのではないかと期待しています」とコメント。
 今回の開発・新規開業は名古屋に新たなスポットを誕生させるとともに、名駅南エリアの活性化につながる起爆剤となりそうだ。


全て見る


PAGE TOPへ