週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

リロクリエイト 外国人向けに7カ国語に対応コールセンターサービス開始

2017.04.10 17:53

 リロケーションサービスの最大手であるリログループ(東京都新宿区)の100%出資会社で住まいの駆付けサービスを展開しているリロクリエイト(東京都新宿区)は1日、ランゲージワン(東京都渋谷区)と提携し賃貸管理会社向けのコールセンターサービスを利用する外国人入居者に多言語コールセンターサービスを開始した。
 多言語コールセンターサービスは、賃貸管理事業を手掛ける顧客企業に代わって外国人入居者からの電話をリロクリエイトが受電する際に、外国人入居者が希望する言語を最大7カ国語から選んでもらい三者間で通話するサービス。リロクリエイトは同サービスで、近年増加が続いている外国人入居者に対応したサービスを求める顧客企業からの要望に応えることに加えて、外国人入居者の方々が緊急トラブル発生時に感じる不安を払拭し安心して日本で暮らせる環境を提供することで、顧客企業の賃貸管理サービスの品質向上をサポートしていく。
 対応可能な7カ国語は英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、タイ語となっている。


全て見る


PAGE TOPへ