週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

サンケイビル 「S-GATE大手町北」、「X-PRESS有楽町」来年5月竣工

2016.03.07 13:00

 サンケイビル(東京都千代田区)は2日、現在進行中の2つの中規模ビル開発プロジェクトで、正式なビル名称を決定したと発表した。東京・内神田二丁目の「(仮称)S―GATE内神田プロジェクト」は「S―GATE大手町北」に決定。東京・有楽町二丁目で朝日新聞社(東京都中央区)と共同で開発を行っていた「(仮称)Rプロジェクト」の正式名称は「X―PRESS有楽町」に決定した。
 「S―GATE大手町北」の建物規模は地上10階地下1階塔屋1階、延床面積8435・35㎡、敷地面積は1013・49㎡、基準階面積は約200坪のミッドサイズオフィス。「大手町」駅から徒歩5分、「神田」駅から徒歩4分、「三越前」駅や「新日本橋」駅の計4駅7路線が利用でき、非常用発電機や異系統2回線受電システム、耐震基準の1・25倍の構造、壁面緑化、自然採光、自然換気等を備える。平成29年5月末に竣工予定。
 一方「X―PRESS有楽町」の建物規模は地上12階地下1階塔屋1階、延床面積7158・22㎡。敷地面積723・60㎡、基準階面積は約124坪。ビル名は当該敷地の所有者である産業経済新聞社(東京都千代田区)と朝日新聞社2社の協業を表している。竣工は平成29年5月末を予定しており、竣工後はサンケイビルが運営を担当し、「S―GATE」同等のサービスを提供するという。


全て見る


PAGE TOPへ