週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

オープンオフィス 新橋エリアにビジネスセンターを開設

2015.09.14 10:57

 レンタルオフィス・シェアオフィスを運営し、あたらしい働き方とワークプレイスを提供するリージャス・グループのオープンオフィス(東京都港区)は10日、今年11月上旬から東京都港区新橋にビジネスセンター「オープンオフィス西新橋」を開設することを発表した。「オープンオフィス西新橋」はリージャスが提供するビジネスセンターとしては新橋・虎ノ門エリアでは4拠点目、港区内では18拠点目となる。
 東京都心部のオフィスは再開発が進み高層化傾向にあり、オフィス面積が拡大している。しかし、依然として東京都心部のオフィス需要は高く、オフィス空室率は低水準となっている。特に新橋・虎ノ門エリアは日比谷線の新駅開業をはじめとして今後平成32年に向けて再開発が急激に進んでおり、東京都心部の中でも注目が集まっているエリアだ。また、同エリアは官公庁にも隣接するため、関連企業のオフィスや弁護士・司法書士などの事務所、または外資系企業の拠点としても人気が集まっている。
 今回開設する「オープンオフィス西新橋」は環状2号線と日比谷通りが交わるわかりやすいロケーションに立地し、「新橋」駅、「内幸町」駅、「御成門」駅の3駅を利用可能なオフィスビルである。施設は24時間いつでも利用可能で、高速インターネットや打ち合わせなどにも利用できるビジネスラウンジなども完備。最適なビジネス環境を提供する。
 オープンオフィス代表取締役の西岡真吾氏は「注目が集まる新橋エリアにまた新しくビジネスセンターを開設できることを大変嬉しく思います。今回開設する『オープンオフィス西新橋』は、新橋エリアでは数少ない少人数でも利用ができるオフィスです。丸の内、品川、虎ノ門などのビジネス街を網羅でき、官公庁エリアにも隣接するため弁護士や司法書士などの事務所としての利用や、外資系企業の新規ビジネスとしての拠点として高いニーズがあると考えています。2020年に向けて大きく変わろうとしている新橋エリアで、『オープンオフィス西新橋』が様々な方へ快適なビジネス環境を提供できるレンタルオフィスになればと期待しています」とコメントしている。


全て見る


PAGE TOPへ