週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

<告知>シニアライフ七福神協会/トヨタファシリティサービス 2月初旬に「戦略的資産活用セミナーを開催

2015.01.26 11:39

 シニアライフ七福神協会(岐阜県大垣市)の代表であり資産活用大学「東海七福神倶楽部」を主催する宇佐美治雄氏とトヨタファシリティサービス(東京都豊島区)の代表取締役である金子俊江氏は、JR「池袋駅」東口から徒歩10分の場所に立地する公共施設「豊島区立舞台芸術交流センターあうるすぽっと」で戦略的資産活用セミナーを共催する。
 セミナーは2月6日、9日の2日間の日程で13時30分から開催され、セミナーの第1部では金子氏が「価値を高める資産防衛 時代を先読みして勝つ」をテーマに講演を行い、第2部では宇佐美氏が「使い切る資産形成 戦略的売却の秘訣」をテーマに講演を行う。その後、両者との対談や質疑応答、懇親会などが予定されている。またセミナー特典として資産活用の無料個別相談も受けることができる。
 宇佐美氏は「高齢化と少子化により医療費と年金問題が財政を脅かし、国は個人への増税路線を進めています。シニアの方にとっても資産活用で今後の人生は大きく変わります。保有資産の防衛や資産形成は今後ますます重要なテーマになってくると思いますので、思い切った発想の転換をした『価値を高める資産防衛、使い切る資産形成』というテーマでセミナーを開催させていただきます」と語る。
 土地や建物の信用性がいつまで続くかわからない昨今、ビルを所有していれば安全だという考えは薄れてきている。地震や津波などの自然災害によって土地がなくなってしまう可能性もある。セミナーでは建物を所有して守り続けるということも考えの1つではあるが、戦略的に売却することも選択肢の1つとして考えてみるのはどうだろうかということが議論される。
 「ビルの建築・設備のライフサイクルコストを体系的に捉え、現状からエイジングで発生する維持管理費、修繕費とその削減でどこまで資産防衛が出来るか、そして更に守りを固める保険を活用しての修繕費の積立方法を具体的にお伝えします」(金子氏)  不動産の売却・賃貸・購入等、今後どうしようかと考えている経営者や維持管理費に負担を感じているビルオーナーはもちろん、士業や専門家にとっても選択肢の幅を広げることが可能なセミナーとなっている。通常の参加費は2万1600円となっているが、弊紙「週刊ビル経営」を読んでセミナーに申し込まれる方は1万800円で参加可能だ。資産活用のアイディアを得るためにも参加してみてはいかがだろうか。


全て見る


PAGE TOPへ