週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

森田アルミ工業 パーティ―ションでデスク周辺をコーディネート

2014.11.24 16:35

 森田アルミ工業(大阪府阪南市)は世界的な工業デザイナーとして知られる村田智明氏が主催するデザインブランド「METAPHYS(メタフィス)」と共同開発したスタンド型デスクパーティション「patis(パティス)」に新たに3色(アッシュホワイト・ブルーグリーン・ダークブラウン)を加え、グレーとあわせて4色展開することを発表した。
 「patis」は硬質発泡材パネルにパイルコーティングが施された製品だ。シンプルで優しい素材感によってデスク周辺を上質にコーディネイトすることができ、繰り返し使用可能な粘着シートでデスクに固定するため種類や形状に捉われることなく自由自在にレイアウトを変更することができる。
 またスライド機能も付いており必要な時だけパネルを手前に引き出すような使い方も可能となっている。ベース底面が粘着シートで固定されているため、片手でスムーズに動かすことが可能で微妙なパネル位置の調整ができるということも特徴の1つだ。
 個室ブースとして利用していた空間をミーティングスペースに変更するなど、「patis」を移動させるだけで様々な使い方をすることができる。フリーアドレス型のオフィスなどで、集中とコミュニケーションがバランスよく調和した快適な環境をつくるのに最適な製品となっている。


全て見る


PAGE TOPへ