週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

NTT都市開発 快適で利便性の高い喫煙室を提供

2014.07.14 11:09

 NTT都市開発(東京都千代田区)は、同社の旗艦ビルの1つである「アーバンネット大手町ビル」のリニューアル工事の一環として取り組んだ共用喫煙室の改修が、日本たばこ産業(JT)主催の「SMOKERS STYLE COMPETITION 2013」において作品例部門の優秀賞を受賞した。 
 同賞はJTが「人を分けずに煙を分ける」をテーマに、場所を隔てることなく、たばこを吸う人にとっても吸われない人にとっても快適で双方が共存できる環境の実現を目指し、分煙空間づくりを模索することを目的として2006年度から実施している。 
 「アーバンネット大手町ビル 喫煙室」は、ワークプレイスとは異なるリフレッシュの場としての喫煙室を追求し、ドアのない新しい気流計画やユーザーのコミュニケーションを促す取り組みが評価され受賞に至った。
 同社は昨年度の「シーバンスN館 共用喫煙室改修」に続き、2年連続2物件目の優秀事例賞の受賞となり、今後もハード・ソフトの両面から質の高いサービスを通じて、顧客に快適で利便性の高いオフィスビルを提供するとしている。


全て見る


PAGE TOPへ