週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

森ビル 営業収益・経常利益が過去最高を更新

2013.05.27 16:24

 森ビル(東京都港区)は22日、平成25年3月期決算についての記者説明会を、港区六本木の「六本木ヒルズ森タワー」49階、「六本木アカデミーヒルズ49」カンファレンスルームにて開催した。この説明会には同社より取締役専務執行役員の堀内勉氏、取締役常務執行役員の河野雄一郎氏、小坂雄一経理部長が出席。堀内氏から平成25年3月期決算の概要が説明された後に、小坂氏よりセグメント別の売上や平成26年3月期の業績予想などについての説明が行われた。
 同社の平成25年3月期の営業収益は2484億円で前年度比482億円増、営業利益は420億円で前年度比49億円減、経常利益は391億円で前年度比27億円増、純利益は144億円で前年度比54億円増であった。説明会の中で堀内氏は「賃貸事業では『六本木ヒルズ』をはじめとする当社保有物件の稼働率が96%と前年より2%上昇し好調を継続するとともに、分譲事業においても直近で竣工した『アークヒルズ 仙石山森タワー』の好調な売上などの要因から増収となり、平成25年3月期の営業収益及び経常利益は過去最高を更新しました」と述べている。


全て見る


PAGE TOPへ