週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

プラス 一級建築士が語るオフィス整理術セミナーを開催 ペーパーレス化対応にも言及

2013.01.28 15:30

オフィスの限られた空間を、より使いやすく効率のよい環境にするため、まずはデスクまわりの整理収納からはじめてみませんか–。
 そんなテーマで、オフィスや住宅、公共施設などさまざまな開発プロジェクトの開発企画の実績を多数持つ、住まいと街設計事務所(東京都文京区)の代表取締役・川道恵子氏が1月25日に講演を行った。題して「デスク廻りから始めるオフィススッキリプロジェクト~今日から実践できるリバウンドしない整理収納のコツ」。場所は東京都港区赤坂の「東邦ビルディング」6階で行われた。主催は文具・事務・オフィス用品メーカーのプラス(東京都港区)。
 整理収納のコツを知ることで、オフィスの働きやすさ向上が実現するようにと企画されたもの。一級建築士の資格保持者である川道氏が、ハード・ソフトの両面から、職場や住環境の価値を高めるための整理収納のコツを伝授。オフィスの働きやすさが向上するようにということがセミナーの企画意図である。
 川道氏は冒頭で「整理収納をスッキリさせることで、非効率な空間利用による賃料のロスなどをなくすことにつながります」などと話し、「オフィスにおける整理収納スキルアップの必要性」「何故片付けが苦手なのか、その理由とモチベーションがあがる考え方」「誰でもできる整理収納のコツ」「短時間でもここまで変わる具体例」「整理収納が維持されたオフィスの効用」「ペーパーレス化時代へのステップアップ」というプログラムでわかりやすく解説。
 また、セミナーの後半では内容を90分でおさらいして実践した事例を紹介。満席の会場からは「講演時間があっという間だった」などという感想が聞かれた。


全て見る


PAGE TOPへ