週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

ソウマ 空室の排水対策に効果 排水トラップ封水剤

2012.11.19 16:35

 物件の空室が長期化してしまうと、下水から悪臭が発生しないように、対策をとらなくてはいけないが、なかなか決め手となるような解決策がなかったのが現状だ。空室が長期化した物件には、独特の悪臭が漂ってしまい、物件を見学しに来た入居希望者の印象もその点においてマイナスイメージとなってしまうというケースは少なくない。
 ソウマ(東京都墨田区)が今秋より販売する排水トラップ封水剤「ニオイストップ」(特許出願済)は、空室解消に努力する多くの不動産オーナーのこうした悩みを解決するために開発された、画期的な悪臭対策商品だ。
 水を張った排水トラップに定量の「ニオイストップ」を投入すると、いったん排水トラップの底に沈んだ液体が、分解・浮上して水の表面に油膜を作る。水の表面の油膜は、水分の蒸発を防ぎ、下水から上がってくる悪臭さらには害虫を防ぐことができるという仕組みだ。排水トラップに張った水は、半年以上放置しても蒸発せず、腐敗することもない。そのため定期的な管理の手間を省いてくれるという。
 空室対策について熱心に取り組むビルオーナーにとって悪臭・害虫対策をローコストで手間を省いてくれるこのような商品が、空室解消の後押しとなるのではないだろうか。


全て見る


PAGE TOPへ