不動産トピックス

編集後記

2019.09.30 17:09

 日本社会の変化は多くのオーナーにとって既知のところ。一方で、ニーズの多様化による変化への対応は大手含めて試行錯誤している。たとえばリーシングについてはかつて不動産仲介会社の発信力が唯一の手法。現在ではSNSなどを活用して賃借人を見つけて契約などのときだけ仲介会社に入ってもらうという方法もある。物件のコンテンツとしては近々取り上げるが、コワーキングやシェアオフィスの他に、職住双方にまたがる「コリビング」も台頭する。立地や規模感、賃料設定を踏まえた上で何がマッチするか。メニューの更新と多様化が必要かもしれない。(萩原)


全て見る


PAGE TOPへ