不動産トピックス

編集後記

2014.11.17 17:14

 大手建設会社や大手設備メーカーの担当者から「中小ビルオーナー」の経営について逆取材されることがあるが、彼らの認識では中小ビル=延床面積3000㎡~1万㎡が目安になっているようだ。弊紙の場合、延床面積3000㎡以下の物件が「中小ビル」と認識しているので、話に食い違いが生じることも少なくない。こう考えると、大手建設会社・設備メーカーはすべての中小ビルをターゲットにしておらず、彼らの知見・ノウハウを活用できないビルも存在するのではないか。ビルオーナーの経営を微力ながら助けられる存在として弊紙をご活用いただけると幸いである。(佐野)


全て見る


PAGE TOPへ