不動産トピックス

今週の一冊

2014.11.17 17:18

赤字の会社だけが再生が必要なわけではない

金融マンのための再生ファイナンス講座
著者 山下 章太
出版社 中央経済社
価格 2800円(税抜)
発行 平成26年9月15日

 本紙コラムニストであるかえでキャピタルマネジメントの山下章太氏の新刊が発行された。好評の「金融マンのための~」シリーズの第4弾となる本書のタイトルは「金融マンのための再生ファイナンス講座」。金融マンに必要不可欠な企業再生のためのファイナンスについて詳しく解説する一冊となっている。
 「『再生』という言葉は、一般的に業績が悪くなった企業に対して、企業の財務内容を正常化することを指します。この『再生』という言葉自体は後ろ向きの印象があり、会社が再生中だと言うと、その会社に対しマイナスのイメージを持つことが多いでしょう」
 これは本書の冒頭、山下氏は「再生」という言葉に対するイメージについて語った文章である。確かに企業再生にまとわりつくイメージは業績悪化に伴う事業売却など経営者にとってマイナスの要素がつきまとう。
 ただ山下氏は「先のことは誰にもわからないからこそ、金融機関の再生への支援は社会的にも大きな意味がある」と語り、「企業の業績が悪化した時にこそ金融機関の再生部門による企業支援が大きな役割を担う」とし、企業再生の重要性を説く。本書は金融機関の再生部門の担当者向けにわかりやすくファイナンスの仕組みを解説したものであるが、経営者および財務担当者にとっても基礎知識から再生事例まで経営に役立つ再生ノウハウを知ることができる。


全て見る


PAGE TOPへ