不動産トピックス

編集後記

2013.06.24 17:05

 競争激化の様相を呈している大阪オフィス市況。だがこうした動きはオフィス市況だけではない。一昨年のJR大阪三越伊勢丹と大丸梅田店開業に続き、阪急百貨店うめだ本店が昨年リニューアルオープン、「グランフロント大阪」北館・南館の低層部には250を超える店舗が集う専門店街が設けられるなど、梅田は全国有数の百貨店激戦区となり、各施設が独自の魅力を発信し買い物客を楽しませている。商人の町・大阪の風土が育んだDNAは今も着実に息づいている。景気回復が渇望される今こそ、関西経済の勢いづく姿が日本全体を盛り上げる原動力となるはずだ。(鵜野)


全て見る


PAGE TOPへ