不動産トピックス

ビルオーナーのための建築・設備最新情報

2012.03.05 17:29

セコム 次世代オンライン・セキュリティシステムを発表
 セコム(東京都渋谷区)は2日、次世代型オンライン・セキュリティシステムの発売開始を発表した。発売開始時期は6月中旬を予定している。
 昭和41年にオンライン・セキュリティシステムを初めて開発した同社は、システムの進化や多様化を行ってきたが、従来までのシステムでは、警戒区域内に設置されたシステムを時間帯や必要性に応じてセットや解除といった操作を行う必要があった。今回発表された次世代型オンライン・セキュリティシステムは、企業や家庭などの外周部にセンサーとカメラが一体となったセキュリティ機器を設置し、建物内に入る社員や家族などは認証用のICタグ(35mm四方)を所持。センサーがICタグの情報を認識することで、建物内への入出を許可する。一方、ICタグを所持していない人物が通過しようとするとセンサーが反応。不審者であれば同社のコントロールセンターに異常信号とカメラで撮影された画像が送られる。
 同社代表取締役社長の前田修司氏によれば、今回の新システムは同社のこれまでの経験やノウハウによって創り上げた広域監視技術、画像認識技術、個人認証技術の3要素が生かされており、従来までのセキュリティのセットや解除といった操作が不要となり、常時警戒態勢を構築することが可能であるとことだ。価格はセンサー4台、ICタグ20個のレンタルの場合、月額で3万円程度。同社は契約目標を年間5000件としている。

岩崎電気 既存器具を使える高効率LED
 岩崎電気(東京都中央区)では、HIDランプのように周り全体に配光が広がる、業界最高レベルの高効率LEDランプ「LEDioc(レディオック)LEDライトバルブ」の30Wタイプ(E26口金形)と72Wタイプ(E39口金形)を、3月26日より発売することを発表した。
 同製品は、広い発光面積を持つ高効率LEDモジュールを採用することで、水銀ランプと同じような明るさと配光を実現したもの。ランプと安定器を交換するだけで、既存器具がそのまま使うことができるというLEDランプである。電源を別に設置してランプを大幅に軽量化することで、器具にかかる重量負担を軽減する。
 既存の器具をそのまま使えるため、イニシャルコストも抑えることができる。30Wタイプでは、水銀ランプ100Wから置き換えた場合、消費電力をおよそ71%、72Wタイプの場合、水銀ランプ200Wから置き換えた場合、消費電力をおよそ63%削減することができる。また、同製品は平均演色評価数(Ra)70と、水銀ランプと比較して高い演色性を実現している。

パナソニックシステムネットワークス フルHD映像のネットワークカメラ
 パナソニックシステムネットワークス(東京都目黒区)は、ネットワークカメラ「アイプロシリーズ」の旗艦モデル、フルHD(ハイビジョン)ネットワークカメラ「DG―SP509」と「DG―SW559」を発売することを発表した。
 新たに「アイプロシリーズ」に、高い解像度で鮮明なフルHD映像の動画を配信できる「DG―SP509」と、屋外にも設置できるドーム型の「DG―SW559」の2種類がラインアップされる。
 今回発売したフルHDモデル(1920×1080/30fps)は、H.264高圧縮技術を用いて、異なる解像度のフル動画をふたつのストリーム(流れ)を同時に配信することができる。また、新たな機能として、撮影画角内で指定した範囲を最大2カ所設定することができる、2エリアVIQS(指定エリア可変機能)を組み合わせて、必要な部分の画像だけを高画質で確認することができる。さらに全体から任意の領域を切り取って配信できるクロッピング機能も搭載している。
 「DG―SW559」は、衝撃にも強く高い防塵・防水性能を備えており、屋外への設置にも対応可能である。

アーキヤマデ ソーラー電源の防犯システム
 アーキヤマデ(大阪市吹田市)では、ソーラー独立電源を利用した「サニーエイド防犯システム」を開発し、三井物産プラスチックトレード(東京都中央区)、昭和ネオン(東京都品川区)と共同で販売を開始すると発表した。三井物産プラスチックトレードがシステムの販売、昭和ネオンが施工を行う。
 「サニーエイド」は太陽光発電と蓄電池を組み合わせた独立電源ユニットであり、今回販売開始したのは防犯灯を組み合わせた防犯システム。防犯灯に青色・白色複合LEDを採用している同製品は、犯罪抑止効果と同時に高い明るさを実現する。
 昼間の太陽光エネルギーを蓄電池に充電して、夜間にその電力を使って防犯灯を点灯するため、省エネルギー製品である。出力240Wの大出力モジュール「Q・PRO」を採用しており、変換効率は14・41%と業界トップクラス。低い照度でも優れた発電が可能なため、壁面に設置しても効果を発揮する。4・8kWh(5時間率)の大容量制御弁式鉛蓄電池を内蔵し、インバーターは正弦波出力最大2000Wで、内蔵コンセントにより災害時にも威力を発揮する。


全て見る


PAGE TOPへ