週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

イタンジの「申込受付くん」三井不レジリースが導入

2020.10.05 10:59

 不動産テックのイタンジ(東京都港区)は、三井不動産レジデンシャルリース(東京都新宿区)に対して不動産関連WEB申し込み受付システム「申込受付くん」の提供を開始した。
 「申込受付くん」は不動産リーシング業務のワンストップサービス、「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」シリーズの一つ。入居希望者がWEB上で入力した申し込みに必要な情報や申し込み手続きの進捗を賃貸管理会社・賃貸仲介会社・家賃債務保証会社で共有することができ、申込書提出から審査までのやり取りがスピーディになる。また、入居希望者にとっては複数の書類に共通する情報を何度も記入する手間がなくなり利便性が向上。現在、約1300店舗の管理拠点で導入され、累計電子申込数は20万件以上となっている。
 三井不動産レジデンシャルリースではこれまで入居申し込みにメールやFAXを利用していたが、9月よりイタンジが提供する「申込受付くん」を導入。全国で管理する約6万9000戸の賃貸物件において、今後入居申し込み手続きの電子化を進めていく。三井不動産レジデンシャルリース執行役員の篠塚敦夫氏は、「導入にあたっては、導入社数トップの市場占有率、高い技術力、同じ三井不動産グループ企業の三井ホームエステートでの導入実績等も総合的に勘案したうえで、最も合理的な判断ができたと確信しております」とコメント。入居希望者の利便性向上および社内業務効率化の双方を実現させる考えだ。
 イタンジは「申込受付くん」の提供を通じて、三井不動産レジデンシャルリースの入居申し込み業務の効率化と生産性向上をサポート。さらなる入居者の満足度向上に貢献することを目指す。


全て見る


PAGE TOPへ