週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

カフェ風のコワーキングスペース「いいオフィス大船by NEKTON OFUNA」オープン

2020.06.08 17:31

 コワーキングスペース事業を展開するいいオフィス(東京都台東区)は、不動産を中心とした広告代理店であるネスパ(東京都港区)と提携し、神奈川県鎌倉市にコワーキングスペース「いいオフィス大船by NEKTON OFUNA」をオープンした。JR「大船」駅徒歩5分、湘南モノレール「大船」駅徒歩3分の立地。
 施設にはカフェ風の内装の室内に、ゆとりあるデスクと長時間座っていても疲れにくいデザイナーズチェアを配置。高速Wi-Fi、全席電源完備など、仕事に集中できる環境を整えた。基本的にはフリーアドレスとなっているが、5席限定で固定席も用意。専用のリクライニングチェアと大型キャビネット・ロッカーも付いて、本格的なワークスペースとして利用できる。
 ミーティングスペースは大小3部屋を用意し、そのうち1部屋は最大20席まで設けることが可能。会議室としての利用のみならず、ワークショップやセミナーにも活用できる。ビジネスパーソン向けのイベントや各種教室や撮影会なども可能。アクセサリー作りなど女性に人気のイベントも予定され、地域コミュニティの起点としても機能する。多様な世代の利用者を想定し、バリアフリーを実現している点も特徴。ビジネスシーンと地域コミュニティが交差する場所として、幅広い利用が期待される。
 現在、いいオフィスは東京都内を中心に、横浜、埼玉、長野、広島、大阪、神戸、壱岐、フィリピン(セブ、マニラ)など、国内・海外含めて68店舗を展開中。2020年前期には100店舗オープンを予定している。ウィズ・コロナの新しい生活様式の中で、フリーランスをはじめビジネスパーソンの利用者も増加。出張の移動のスキマ時間での利用や、副業の仕事用スペースとしての利用など、自由な用途で快適に使える空間づくりを目指している。


全て見る


PAGE TOPへ