週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

商業施設・鉄道駅・公園などを一体的整備 「南町田グランベリーパーク」11月16日にまちびらき

2019.10.28 14:16

 町田市、東急(東京都渋谷区)、ソニー・クリエイティブプロダクツ(東京都港区)の3者が開発を進めてきた複合施設「南町田グランベリーパーク」が、11月13日に「まちびらき」を迎える。敷地内に「スヌーピーミュージアム」が開設されるのに合わせて新たにスヌーピーのスタチュー(彫像)が設置されるほか、町田市出身でバンド・TUBEのギタリストである春畑道哉氏が作曲したテーマソングが「南町田グランベリーパーク」駅(旧「南町田」駅。10月1日に改称)の発車ベルとなるなど話題性も豊富だ。
 「南町田グランベリーパーク」は、2017年2月に閉館した商業施設「グランベリーモール」の跡地再開発によって生まれる新複合施設。8万3000㎡の敷地に延床面積15万1000㎡の建物を建設し、商業施設などとして使用。241テナントが入居する予定だ。
 町田市、東急、ソニー・クリエイティブプロダクツは「南町田グランベリーパーク」を中心とした約22haの土地に、都市公園、商業施設、鉄道駅などを一体的に整備する「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」をすすめており、今回のオープンでプロジェクトにいっそう拍車がかかりそうだ。
 開業に先立ち、充実したパークライフを事前に体感できる「まちびらきイベント」を10月27から開催。11月2日には「南町田グランベリーパークのまちのがっこう祭」が行われる。新しいまちの様子を披露しながら、地域の人々と一緒に、まちびらきを迎える期待感を共有する記念イベントだという。また、まちびらき当日の11月13日には、「まちびらきテープカットセレモニー」を実施。春畑道哉氏が作曲した同施設のテーマソング「Promised Land」を自ら生演奏で披露する。このテーマソングは、同日から「南町田グランベリーパーク」駅の発車ベルとなり、施設内のBGMにもなる。
 施設内に置かれるスヌーピーは、六本木にあった旧スヌーピーミュージアムから移転したものを含め、7カ所、計11体のスヌーピーに出会うことができるという。  まちびらき後もイベントを数多く計画。鉄道駅に直結して都市公園と商業施設が整備された同施設の魅力を発信する予定。自然とにぎわいが融合した、全国でも例のない新たなまちの発展に期待したい。


全て見る


PAGE TOPへ