週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

デュアルタップ 管理物件にレンタル傘「アイカサ」導入

2019.08.26 14:41

 デュアルタップ(東京都品川区)は、Nature Innovation Group(東京都渋谷区)が提供する傘シェアリングサービス「アイカサ」を、自社マンション「XEBEC(ジーベック)」シリーズをはじめとする管理物件へ8月より導入した。アイカサをマンションに本格導入するのは国内初となる。
 アイカサは、2018年12月にサービスを開始した日本初の傘のシェアリングサービス。突発的な雨でも、アイカサを利用すればビニール傘を購入する必要がなくなる。雨が上がれば最寄りの傘スポットに傘を返却することができるため、無駄がない。レンタル用の傘を設置した「アイカサスポット」は、東京都内と福岡市内を中心に国内約300か所まで拡大しており、登録ユーザー数も約4万人(2019年7月時点)に達している。
 日本では年間約8000万本ものビニール傘が消費され、その数は世界一。デュアルタップは持続可能な開発のために採択された国際目標「SDGs」に基づいた環境問題解決に向けて取り組むなかアイカサの理念に共感し、管理物件への導入を決めたという。今後も持続可能な社会の実現のために貢献していくとしている。


全て見る


PAGE TOPへ