週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

ヒューリック 「THE GATE HOTEL東京by HULIC」14日に開業、観光ビジネス強化

2018.12.10 16:37

各不動産デベロッパーがホテル開発を進めている。そのなかで高級旅館「ふふ」などを展開しているヒューリック(東京都中央区)が14日に新しいホテルを有楽町に誕生させる。対象をミドルからアッパーに設定し、「ふふ」や出資する日本ビューホテルとの棲み分けも図る。そして西浦三郎会長は今後の戦略についても明かした。

 ヒューリック(東京都中央区)は14日に「銀座」、「日比谷」、「有楽町」各駅至近に立地する「HULIC SQUARE TOKYO」に「THE GATE HOTEL東京 by HULIC」をオープンする。それに先立ち6日、メディア向けの事業説明会・内覧会を開催した。
 ヒューリックでは今後の人口動態の変化を意識したビジネスとして高齢者・健康、観光、環境の「3Kビジネス」に注目し、積極的な開発・投資を行う。そのひとつである「観光」では4つの展開がなされている。高級旅館「ふふ」の展開や建物を開発してオペレーターに賃貸する「ホテル投資」、加えて日本ビューホテル(東京都台東区)の筆頭株主となることでシナジー効果を狙う。このなかのひとつに「THE GATE HOTEL」事業が入っている。
 「THE GATE HOTEL東京 by HULIC」は2012年の「THE GATE HOTEL雷門 by HULIC」に続いて2号目。個人客が主となり、訪日観光客需要も積極的にとりにいく。西浦三郎代表取締役会長は「半数程度が外国人観光客になるのではないか」と話す。
 「THE GATE HOTEL」は主要都市などで展開を予定する。現在、京都と両国では開発が立ちあがっている。両国では「両国リバーセンター開発計画」、京都では立誠小学校跡地に「(仮称)ザ・ゲートホテル立誠小学校」として進める。双方ともPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)案件で、ともに2020年5月に竣工予定だ。これらに加えて札幌、大阪、福岡でも開発に向けて準備する。
 総支配人兼総料理長の安間昭彦氏はデザインコンセプトを「華と粋」だとして、「華とは『常に新しい文化』、粋とは『変わらない価値観』を表しています。誰もが自然体で美しく過ごせる場所であり、外とのつながり・時のうつろいをインテリアで表現しています」と説明した。客室数は164室。運営はヒューリックホテルマネジメント(東京都中央区)が行う。


全て見る


PAGE TOPへ