週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

武田薬品工業の新本社ビルが竣工 三井不動産との共同開発

2018.03.26 17:56

 三井不動産(東京都中央区)と武田薬品工業(大阪市中央区)、武田薬品不動産(東京都中央区)は20日、共同で推進する「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」地において建設中の「(仮称)新東京武田ビル」の建設が完了し、竣工式を行った。
 同ビルは、武田薬品工業の現東京本社(東京都中央区日本橋二丁目)の機能を引き継ぎ、世界70カ国以上に展開するタケダグループのグローバル本社となり、世界中から集う同社従業員の多様性ある働き方を支援し、従業員の繋がりを強化し、創造的に働ける環境を実現するもの。
 同本社は、高さ約124m(地上24階地下4階塔屋1階)で、4階以上はオフィススペースとして武田薬品工業が使用する。地下1階から地上2階までは、一般の方々にも利用可能なスポーツジム、飲食店、貸会議室が入居する。
 今回の竣工により、「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」は完了したことになる。


全て見る


PAGE TOPへ