週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

関西不動産稲門会 創立10周年記念式典開催

2018.03.05 13:30

 関西不動産稲門会は2月21日、創立10周年記念式典を開催した。会員83名が参加した。
 関西不動産稲門会は、関西圏の不動産業界に従事する早稲田大学卒業生で構成する。同会は、不動産情報などの交換を目的としている。業種は不動産仲介業者やマンションデベロッパー、建築士や不動産鑑定士など多岐に渡り、現在108名の会員がいる。
 式典は大阪新阪急ホテルにて行われ、現会長の森本宏氏が「発足からこれまで同会を支えてくれた全ての人に感謝したい。これからは会員の皆さんに少しずつ恩返ししながら、15周年、20周年を迎えたい」と挨拶を述べた。また、歴代の代表世話人や会長を務めた会員よる10周年のあゆみが紹介され、創立当時の思い出や苦労話を振り返った。第2部では吉本芸人によるお笑いステージや早稲田大学校歌斉唱が行われ、会場は熱気に包まれた。
 同会は2007年に約30名で発足し、昨年9月で10周年となった。森本氏は今後の展開について「同会のさらなる発展とともに、名古屋を拠点とした不動産稲門会の設立に向けても活動してきたい」と話した。


全て見る


PAGE TOPへ