週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

M&Kカンパニー 池袋ビル市況を調査

2017.11.06 17:47

小規模事務所は賃料下落、店舗は大幅上昇
M&Kカンパニー(東京都豊島区)が、池袋エリアの小規模事務所(20坪以下)と小規模店舗(20坪以下)について、9月の平均募集賃料の調査結果を発表した。
 小規模事務所の平均募集賃料は、前月から0・8%下降。同社では新規募集を開始した物件の賃料が従来の相場より低く、その影響がでているためとしている。一方、小規模店舗の平均募集賃料は前月から16%と大幅に上昇した。これは新規で募集を開始した物件の賃料が従来の相場より高いこと、また賃料が低めの物件が成約し、募集中物件の平均賃料が高いことが影響しているという。結果として現在入居者募集中の物件の平均賃料が高い水準にあるという。
 調査は「池袋」駅を中心とするおおむね半径1km内にある20坪以下の店舗と事務所で9月30日時点で入居者を募集している約150物件が対象。賃料は管理費・共益費を含み、平均値は面積を考慮した加重平均で算出している。


全て見る


PAGE TOPへ