週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

日本商業不動産保証/高木ビル 移転時のトータルコスト削減を提案

2017.03.06 15:00

「次世代型出世kビルプロジェクト」
 商業用不動産の賃貸に関わる預託金に代わる制度「保証金半額くん」を提供する日本商業不動産保証(東京都港区)と、都内各所でビル・マンションを保有・運営している高木ビル(東京都港区)は1日、初期費用の削減をはじめ、ベンチャー支援・企業成長支援を推進する「次世代型出世ビルプロジェクト」の第二弾「サイクルオフィス」を提供する「西新宿高木ビル」限定で「保証金半額くん」利用時の初回契約時の保証委託料を不動産オーナーが負担する取り組みを開始した。
 ベンチャー企業などのスタートアップから間もない企業の中には、企業成長に伴うオフィス移転にもかかわらず入居時の保証金等の初期費用が負担となり、移転先や内装などを妥協せざるを得ないケースが見受けられる。これに対し、内装設備の初期費用を削減することができる「サイクルオフィス」の提供に加え、保証金を削減する「保証金半額くん」を利用する際にかかる保証委託料を不動産オーナー負担とすることで、オフィス移転の満足度向上を目指す。
 退去テナントと新規入居テナントとの間で内装設備等の権利を授受する「居抜物件」とは異なり「サイクルオフィス」ではビルオーナーが所有するオフィスの造作物や配線などの内装設備の一部を入居テナントに対して無料で貸し出す。これによりテナントは内装設備の初期費用を削減することができる。あらかじめ内装設備が設置してある「居抜物件」と比べて自由度が高いため、希望する内装デザイン等を実現できる。退去時のオフィス家具や造作物の廃棄などの原状回復費用も削減することが可能となり、削減した費用は入居テナントの事業に投下する。
 「西新宿高木ビル」は昭和60年8月竣工。地上11階地下2階。新宿区西新宿1丁目に位置する。


全て見る


PAGE TOPへ