週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

三和製作所 エレベーター内の細菌ウイルスを強力除去

2017.01.02 14:13

 メディケア商品、防災用品などを開発・販売する三和製作所(東京都江戸川区)は空間の除菌と消臭ができる二酸化塩素発生剤「クロッツ」シリーズの第2弾として、エレベーター内の細菌やウイルス、悪臭を除去する「エレベータークロッツ」の発売を開始した。
 クロッツは二酸化塩素を発生させることによって、空間に飛散している細菌やウイルスの機能を低下させ、臭いを抑える働きを持つ。主に学校の教室や部室、病院の待合室などで使用されている。それらの実績をふまえ、狭い空間での空気感染や、ボタンに触った際の接触感染が懸念されるエレベーター専用のものを、という要望があがり「エレベータークロッツ」が開発・販売されるに至った。
 代表取締役の小林広樹社長は「エレベーターは不思議な空間で、人と人との距離がごく近くても当然だと搭乗者は考えます。それだけにウイルス感染が心配です。『エレベータークロッツ』を使用することによって、手軽に空間の除菌効果を得ることが可能になります。実際に『クロッツ』を使用していた学校では、そのエリアの他の学校よりもインフルエンザの感染が少なかったという事例が確認されています。もちろん『クロッツ』を使用したからといって絶対に感染しないということはありませんが、リスク軽減になると考えています。さらに密室空間での消臭効果も見逃せません」と語る。
 消臭は環境省の悪臭防止法に定めのある23の物質に対して効果を得ることができる。
 使用方法は簡単。薬品の入った不織布のカートリッジを手のひらで押しつぶすと中の薬品が混ざり、二酸化塩素が発生する。その後は紙製の外装箱に入れてテープでエレベーターの高い場所に張り付けるだけ。特別な作業を必要とせず、誰でも簡単に設置することが可能だ。有効期間は90日間。一般的なエレベーターのメンテナンス時期ごとの交換を推奨している。人体やペットへの安全性は検証されており、塩素特有の臭いもほとんど心配ない。
 子どもの利用が多い学習塾や、飲食店が入居しているビルでは「エレベータークロッツ」の設置を、顧客に対するサービスとして充分にアピールすることができる。
 「エレベーター内の除菌と消臭を手軽に行える商品なので、ビルオーナーにとっては日々きれいな空気のエレベーターを提供することができます。これからの時期はインフルエンザやノロウイルスの感染が心配されますが、『クロッツ』を年間を通して利用することで様々なリスク軽減を行ってもらえると考えています。今後も当社では健康・安全をモットーにした製品開発を行っていきます」(小林氏)


全て見る


PAGE TOPへ