週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

ジェイアール東日本都市開発 「2k540」で開業5周年イベント

2016.09.19 14:32

「ものづくりの街 創業祭」開催
 JR「秋葉原」駅から「御徒町」駅間の高架下に位置する「2k540 AKI―OKA ARTISAN(ニ―ケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)」が開業5周年を迎えるにあたり、今月24日から10月2日にかけて5周年記念イベント「ものづくりの街 創業祭」を開催する。
 「2k540 AKI―OKA ARTISAN」は工房とショップが一体になったスタイルで、様々な店舗を集めた「ものづくりの街」としてジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区)が平成23年9月に鉄道高架下に設立した。従来は車庫や駐車場として使用されていた場所だが、現在は新たな人の流れやクリエイターと企業を結びつけるコミュニケーションの場として利用者から重宝されている。また、御徒町周辺は江戸の文化を伝える「伝統工芸職人の街」であり、現在もジュエリーや皮製品を扱う店舗が数多く立地する。この特長を生かした「ものづくり」をテーマとして、ここでしか買えない商品やものづくりの体験ができるワークショップなども満喫できる。
 今回の「ものづくりの街 創業祭」は、これまで5年間支えてくれた多くの利用者や周辺の地域住民を対象に感謝の気持ちを込めて、期間限定のプレゼント企画や特別イベントを実施する。主な催し物に、5周年限定ノベルティの配布や店舗オリジナルイベントの開催、「B―1グランプリ食堂」出張販売などが予定されている。
 また、周辺地域との共生企画に「鳥越おかず横丁」との連動イベントも開催する。「鳥越おかず横丁」で、10月1日と2日の2日間限定で「モノづくり横丁」を実施し、1日は1000本の焼きサンマを振る舞う「さんま祭り」も行われる。


全て見る


PAGE TOPへ