週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

ヒューリック 「えるぼし」企業認定を取得

2016.05.23 13:52

女性が活躍できる組織作りが評価
 ヒューリック(東京都中央区)は17日、今年4月に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づき行動計画策定を行った結果、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等が優良な企業であるとして厚生労働大臣の認定(えるぼし)の最高ランクを取得したことを発表した。
 同社によると、多様な人材が活躍できる環境作り(ダイバーシティ経営)に力を入れており、特に女性が出産・子育てをしながら活躍することを推進するべく、トップクラスの次世代育成支援制度(育児支援制度・事業所内保育所等)の構築に努めてきたという。女性の活躍する企業を目指し、長期計画「10年後のヒューリック(2014―2023)」では、2020年の女性管理職比率を20%(2015年12月現在10%)とすることを目標に掲げる他、具体的な取組みとしては、女性が生き生きと働くことができる環境を整備するため、2010年に女性活躍推進プロジェクトを立ち上げ、およそ2カ月に1度のペースで開催し、各回のテーマに沿って議論し経営層と共有している。また社外取締役の福島敦子氏を講師に招き、女性社員向けセミナーおよび意見交換会を実施する等、数々の取り組みを実施。従業員の多様性を尊重し、様々な人材が活躍できる企業風土づくりを推進してきたことから、厚生労働省が定める以下の基準をすべて満たすことができ、同社は最高ランクの認定取得につながったと見ている。


全て見る


PAGE TOPへ