週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

サンテックパワージャパン 太陽光発電事業者・O&M事業者向けに遠隔管理システムの販売を発表

2016.03.07 12:53

 サンテックパワージャパン(東京都新宿区)は、世界での導入実績10GWを超えるメテオコントロール社製の遠隔監視システムについて、国内唯一の正規販売代理店として取り扱いを開始し、その発表記者会見を先月24日に行った。
 遠隔監視システムは、発電量や発電状況を「見える化」するだけでなく、測定したデータをクラウド上で日々自動的に分析することが可能である。またシステムの詳細な性能評価、不具合の早期発見、監視業務の効率化を実現することが出来た。
 取締役社長のガオジャン氏は「遠隔監視システムを利用した『見える化』により、問題になっていた発電量不足の放置やトラブルを改善出来ます。今後はシステムの向上を図っていきます」と語った。


全て見る


PAGE TOPへ