週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

三井不動産レジデンシャル 住戸のレイアウト変更可能なプランを提案

2015.09.14 10:53

 三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)は8日、住む人のライフスタイルやライフステージに応じて住戸内のレイアウトを変えられる間取りフリープラン「Imagie(イマジエ)」を新開発したことを発表した。「Imagie」とは、imagination(想像力)とie(家)を合わせた造語で、住む人が想像を膨らませられるすまいを表している。同社がくらしの"今"をとらえて理想を追求し、新しい住まいのあり方として開発したのが、この「Imagie」である。
 「Imagie」は「整形かつ天井・床面を完全フラットにした独自の空間設計」、「キャスターで可動するオリジナルキッチンユニット(Imagie kitchen)の新開発」、「専有部内の3カ所のキッチン接続ポートによるキッチン移動工事の工程の大幅削減」、「玄関前にゆとりあるウェルカムポーチを設けることによる、バルコニーのような使い勝手の実現」、「プランに合わせて自由にグルーピングできる照明計画」、「主要な設備スイッチの集約により、空間レイアウトがさらに自由に」といった6つのポイントによって支えられている。「Imagie」ならキッチンの移動を含めたリフォームを行う場合でも工期が半日程度と短く、通常数十万~数百万するリフォーム費用も十万円未満(キッチン接続工事のみ)と、比較的手軽に済ませることができる。
 「Imagie」は「家族の成長」を商品企画のテーマとした「パークホームズ赤羽西」(北区赤羽西六丁目)の一部住戸にて初採用される。さらに、「パークホームズ世田谷豪徳寺 翠景邸」での採用も決定している。


全て見る


PAGE TOPへ