週刊ビル経営・今週の注目記事

毎週月曜日更新

東急不動産 「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」フロア構成が決定

2015.05.25 17:38

 東急不動産(東京都渋谷区)は中央区銀座5丁目にて来春開業予定の大型商業施設「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」を建設中だが、このほど、同施設のフロア構成が決定したと発表した。ファッション、レストラン&ダイニング、マルシェ、免税店など多様なショッピング空間に加えて、6階及び屋上部分には来訪客が自由にくつろげるパブリックスペースを設ける予定だ。 計画地は多彩な文化や価値がクロスする銀座・数寄屋橋交差点に位置する。同社では「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」を開発コンセプトに立地ポテンシャルを最大限に生かし、伝統と革新が共存する銀座エリアの魅力を引き継いだ新たな商業空間を創造するとしている。
 今回決まったフロア構成のうち地下2階~地上11階部分には、ファッション、服飾・ライフスタイル雑貨、食物販、免税店、飲食等のバラエティあふれる約120店舗の出店を予定している。また、多彩な店舗群に加え、施設の6階及び屋上部分には施設のシンボルとなるパブリックスペースを計画した。6階部分には数寄屋橋交差点を一望できる高さ約27mの大吹き抜け空間のアトリウムを配置。伝統工芸の「江戸切子」をモチーフにした硝子の内部から銀座エリアの夜景を楽しむことができる。開発コンセプトを随所に踏襲したデザイン環境空間には、カフェも併設する予定だ。また屋上には約1000㎡のオープンエアーな開放感のある大テラス空間を設置。さらにテラス内には2つの異なるゾーンを設置し、その日の気分に合わせ自由にスペースを利用することが可能。
 いずれもパブリックスペースとすることで、都心にありながらショッピングの合間の休憩や待ち合わせの場所として、ゆったりとした時間を過ごせる銀座エリアの新たな憩いの場を目指すとしている。


全て見る


PAGE TOPへ